資格とってますか?

こんにちは、管理人です。どうもどうも、元気でやってます。タイトルの通り、今日は資格と転職の関係について書こうと思います。みなさんは、現在、何かの資格を取る勉強されてますか?転職を考えているキャリア志向の方であれば、みなさん結構資格取得に励んでいるようですね。私もどちらかというとその口で、現在TOEIC900点突破を目論んでいます。800点は結構簡単に取れるんですけれども、900の壁がなかなか厚い、、、800は毎回超えるようになりましたが、その後、2年近く800点台をさまよっています。何かいい方法ないですかねえ。
資格取得の際に気をつけていただきたいことがありまして、その資格の有効性です。資格をキャリアアップの為に使われる予定の皆さんであれば、訳のわからない名前だけの資格を取ることはないでしょうが、資格によって、対応デキる業種の数が違う、ということは頭に入れていただいてますでしょうか。結構このことはあまり知られてないんですよね。今目指している業種のための資格が他の業種でも有効であれば、すごく得だと思いませんか。将来今目指している業種があまり景気が良くなったときに、他の業種にでも使える資格があれば、その際にまた別の資格を取る必要なく、ぴょいと景気のいい業種に乗り換えをすることがデキルのです。
一度自分の勉強されている資格について調べてみてはいかがでしょうか。対応力のある資格だといいですね。それではまた次回お会いしましょう。

友人の看護師さんから

管理人です。転職エージェントさんからの連絡は今や正に担当者の方次第になってきています。現状私も来月から本格的に就職活動を本格始動させる予定なので更に活用することになるでしょうね。

以前記事に挙げた友人の看護師さんですが、無事に転職決まったみたいです。本当に良かったです♪管理人も友人が満足できる先へ転職出来たと聞いて職種は違えど勇気付けられました!友人の話ではやはり求人先は沢山あってかなり悩むと感じたみたいですが、看護師系の専門転職エージェントを有効的に活用したことでじっくり比較、検討も出来たことは大きかったといってました。何よりも担当の方が凄く親切で親身になってくれたことは本当に厳しい転職活動においても励みになったといってました。そうそう、友人もいっていたことで頭に残った言葉が「客観的に比較する難しさ」でしたね。自分一人で活動していると受けるところが偏り過ぎたり、またうまくいかない場合に自ら閉鎖的になり条件面で弱気になってしまうと。そうすると比較することもしなくなっていくと。結果妥協した転職になる、と。凄く参考になりました。転職は数を重ねすぎると不利になる面も出てきますので妥協して結局また転職・・・こういったことは避けたいですね。そのための一つの手段としてエージェントの有効活用はありでしょうね。

ちなみに友人が利用した転職エージェントは「ナースではたらこ」でしたね♪本当によかったです!

転職エージェント比較

比較といえば「転職エージェント」を比較・検討する際に押さえておいたほうが良い点を完全に管理人の主観ですがお伝えしておこうと思います。今や大手の転職エージェントからそうではない転職エージェントまでいくつかあります。その中で比較していくと以外にもその転職エージェントの規模が大きいとこよりは、こまめに心配してくれるのは小さい転職エージェントほうが親身になって担当してくれるように思います。まぁ当たり前かもしれませんが、おそらく大手の転職エージェントの場合、担当者一人の抱える担当人数の多いのでしょうし。ただそうはいってもやはり求職者からすればきちんとした対応をしてくれる担当者に当たりたいですよね。

ちなみに私が利用している転職エージェントを比較してみるとあまり明言はできませんがかの大手の転職エージェントの対応はどうかな?と思いました。名の通っている分それなりに求人はありますが、こちらの希望している条件を無視しての通知もきます(苦笑)その通知に対しても面接をうけないかと勧められるのでなんかそれはそれで面倒でした。ですから転職エージェントを選ぶ際もしっかり比較していかないと逆にストレスが溜まります・・・それがどこなのか・・・それは今回はふせておきます。たまたま担当者の方が悪かっただけなのかもしれませんし。ちなみにそういった意味では現状であれば「マイコミエージェント」さんはかなり好印象ですね♪
タダでさえ転職活動における精神面での負担に輪をかけてのイライラは健全ではないので、本当に比較って大切だなぁ~とつくづく感じています。人柱として(笑)その前に転職成功しました!とお伝えできれば最高なんですけどね(笑)

職業訓練校も比較

現在職業訓練校にて訓練中の管理人です。Web系の勉強をしていますが未経験ながら今までの仕事と比較したら面白いことに気付く今日この頃です。

職業訓練も実に様々な種類があります。営業関連に転職する際に必要なビジネスマナーを教えてくれるところ、ヘルパーさんを目指している方に資格取得と転職をサポートしてくれるところ、Web系でもプログラム関連、またはデザイナー関連への転職するための技術習得、あとは金融・保険関係に行かせるファイナンシャル・プランナーなどなど、転職の助けになるようことを教えてくれる先がいくつかあります。ただ、これも訓練先を慎重に比較する必要があるんですよ。なぜなら比較せずにいくと同じような訓練内容でも「質」の違いがあるんです。職業訓練でも公共の職業訓練と基金訓練の二種類があり、後者の訓練はより当たりハズレが大きいみたいです。ですから3~6ヶ月の時間を費やすわけなのでムダにならないように選んでいただきたいです。この比較をする時に関しては勿論ネットで調べること以外にも「ハローワーク」での口コミもあります。ただハローワークの方々も千差万別なので選ばないといけないですが・・・ここでも失礼な話ですが、職員さんを比較してください(笑)

あとは余談ですが、訓練においての技術習得は個人の頑張り次第なにものでもありません。教え方が悪いなどと甘えたことをいっている方、本当に甘いと思います。転職の際にもその甘えは響くと思います。これはあくまでも愚痴です・・・すみません。

比較ネタをもう一つ

どうも。管理人です!今は職業訓練しています。でも変わらず転職活動は継続していますよ!しっかり企業研究や条件面を比較しながら活動中です!

さてさて、ではまた個人的な比較ネタを一つ。今日は日用品「コンタクトレンズについて」です。これまた目の良い人には関係ないネタですみません。雑学程度に思っておいて下さい(笑)

コンタクトレンズは一昔前に比べると価格帯も下がりかなり普及しています。昔はハードレンズが多かったみたいですが、今やソフトレンズの使用者が多いように感じます。私は初めからソフトレンズ派でしたので今更ハードレンズに変えようと思うとまず不可能でしょう。。その装用感の違い、異物感の感じ方の違いで。本来コンタクトレンズとしての性能はハードレンズの方が良い(酸素を通す量が大きいほうが目には負担が少ない)とされてきたみたいです。ただ最近はソフトレンズでもかなり性能が良くなったものが販売されるようになりました。管理人も使用していますが「シリコンハイドロゲル」なる素材の使われているタイプのものです。ソフトコンタクトレンズ自体が乾燥もし易いのですが、この点も比較すると乾燥しにくくなっているとのことです。実際、管理人も比較してみると乾燥感は以前よりもましになりました。あとは充血もましになりました。充血も目の酸欠状態から引き起こされるものともされているのでそのあたりでも従来のもの比較しても違いがあるのでしょうね♪

・・・とまぁ、少しは参考になれば幸いです♪

看護師さんの現状

管理人です。今は失業保険をもらいながら転職活動中です。会社都合の為、失業保険支給までの待機期間がなくてよかったです。ちなみに来月から職業訓練にも行く予定です。このタイミングで色々と学んでいきたいと思っています。

あれから転職エージェントからの紹介もいくつか受けています。管理人自身も応募していますが、面接までたどり着ける確率はやっぱり転職エージェントを利用してほうが高いです。でも転職活動開始当時と比較したら大分書類選考も通るようになりました。これも転職エージェントの担当の方に添削してもらっている効果かもしれません。あと書類選考も未だ郵送のところが多くて、郵送する際の封筒・切手代なども思いのほかかかってしまいます。ですので最近は何でも応募するのではなくじっくり企業研究と職務内容を見てから応募しています。

あっ、実は最近、友人の看護師さんも転職するということで一緒に就職活動を頑張っています。看護師さんも条件面や時間拘束の厳しさから離職が多いみたいですね。病院側からすると深刻な人手不足。そのため求人は多いみたいですが、なかなか人が集まらないのも現状みたいです。また看護師の資格はありながら看護師にはならない方(いわゆる潜在看護職員と呼ばれる方々)が結構いるみたいです。管理人の友人のその看護師さん、今回の転職では看護師専門のエージェントさんを利用するみたいです。満足した転職をするためにもしっかり条件面を比較して決める!といっていました。

実際にエージェントをお願いしてから

こんにちは。管理人です。早いもので転職活動をし始めてから半年近く経ち、転職エージェントに登録してから三ヶ月が経ちます。そして実は・・・退職しました(泣)色々と会社側の事情での退職。この部分は私はどうすることもできません。今後はじっくり比較・検討しながら思うがままに活動できそうです。

さて、実際に転職エージェントさんにお世話になっていて改めて感じるのが「一緒にサポートしてくれる人がいることがこんなにも心強いことである」ということです。管理人は転職エージェント先を比較・検討も兼ねて数社登録しています。勿論、業種も分かれているのもありますが。あとは求人サイトにも登録して平行して活動、企業などの比較もするようにしています。IT・WEB系であれば「Find Job」であったり。まぁこれは求人サイトですけどね。管理人自身も自ら活動してみると転職エージェントを利用することのありがたみはよくわかります。もしまだ利用されていない方は無料なので試しに一度話を聞いてみられると良いと思います。前回の記事にも書きましたが、準備段階(履歴書・職務経歴書等)からのサポートは本当に助かりますよ♪

つい先日、転職エージェント登録先より求職企業のリストがメールにて届きまして。管理人が指定した条件からいくつかピックアップしたものです。その中で面接を受けたい企業がありましたので連絡しようと思いましたが、「定員になり次第終了」とのこと。一度担当の方に連絡して確認をとってもらうと「終了」しているとのこと・・・残念に思っているとそのあと少ししてまた担当の方から連絡があって「なんとか席をあけてもらえました」とのこと。こんなことも転職エージェントの利用の優位性なのかもしれませんね♪

ちょっと中休み

どうも!管理人です♪今日は息抜き?ということで転職とは関係ない記事書きます(笑)もともと管理人、趣味で好きなことを比較、検討するのが好きなんです。おもちゃや服、日用品などなど。例えば購入する前には徹底的に調べ、比較したりします。なら今回の転職、仕事探しの時も必死に比較したらいいのに・・・と思われると思いますが、やっぱりそのあたりは仕事人間ではなくて基本、遊び人なんですよね(苦笑)今回の転職は真剣に転職について考え比較していますよ!

さて、趣味で比較・検討しながら集めているものの中に音楽関連、楽器関連のものがあります。興味のない方にとっては全く無縁のものだと思います。楽器関連と言っても特に電子楽器系・・・エレキギターやその周辺機器に関しては学生時代より相当こだわって比較して手に入れると・・・お金をつぎ込んできました。

今でも好きで新しいものが出たら色々と比較し、試してみてはこれ!と思ったら購入するといった流れは変わりません。特にこの手のものはかなり個人個人の好みが反映されるもので、ネットで調べて口コミやレビュー、比較サイトなどをみても結局は自分の耳で確かめないと分からないんですよ(汗)実際にいくつか並べて比較する、もしくは普段から使っているものを持参して比較する・・・などしてはじめてわかることが多いです。まぁ休日の過ごし方として部屋にこもって管理人保有のものを色々と比較するのは管理人にとってはストレス発散にも繋がっていますけどね♪

もしこの手にご興味のある方がいらしたらおそらく・・・朝まで話は出来ると思います(笑)まぁ今はそれより転職成功させろよ!といわれそうですが。。

エージェントのメリットって?

こんにちは、管理人です。先日の休みの日に初転職エージェントに登録いきました!転職エージェント先の担当の方が大体2~3時間もかけて適正診断やら面接時に必要な「履歴書」「職務経歴書」の書き方などの添削をしてくれたり。これって自分自身では添削が面倒ですし、なかなか正解が見えないんですよ・・・そこをプロの視点でアドバイスしてくれるんですよ!これは非常に助かりました。きちんとプロの手にかかるとかなり内容、クオリティも変わるものですよ(笑)書類選考で何故通過できないのか?そんな理由も見えた気がしました。特に過去の職務を通しての自己PRの仕方、職務経歴書のレイアウトなどはかなり勉強になりましたね。職務経歴書もサンプル書式をくれたりしてくれたので手間も省けました♪更になかなか書類選考が通過しないことからも精神的に参っていた管理人の「悩み相談」までのってくださったりと本当に色々な意味で救われました。

そもそも転職エージェントを使うのと使わないのでは転職後の満足度が決定的に異なると思います。実際転職エージェント先へ登録した時に一番に感じたことは「個人で活動していたらまず知ることの出来ない情報を知ることが出来る!」ということでした。それは本来内定をもらってからでないと聞きにくいことも転職エージェントを通して聞いてもらうことが出来るのは大きな利点だと思いました。また仕事の適正診断を通して自分自身の新たな可能性を発見できたのも本当に良かったと思います。

転職エージェントとは?

以前に友人が教えてくれた「転職エージェント」についてですがこれ・・・かなり利用されている方が多いみたいですね。あれから看護師やIT関連に転職した友人にも聞いてみたら意外にも・・・この手のものを使って各転職エージェントをきちんと比較しながら利用していたと聞きました。また転職の時に活動企業先の比較時にも転職エージェントの利用有効だったともいっていました。本当に「知らない」のは損しますよね。管理人も今日も残業、最近忙しくなかなか就職活動ができないわけですが、なかなか働きながらの仕事探しは大変です。それも色々探して条件面を比較しながら探す、そんな場合でもエージェントの活用は活きてくるみたいです。

そもそも転職エージェントとは?と思い調べると仕事探しのプロ、コンサルティングをしてくれる先でまた誰でも出来ることではない、厚生労働大臣の認可を受けていないと出来ないんですね~正式には有料職業紹介事務所と呼ばれているみたいです。・・・となるといちいちエージェント先を比較しなくても大丈夫、どこで登録しても一緒、信頼できるのかな?と思いきや各エージェント会社さんによっても色々特徴があるんですね。どこの会社紹介先が一番良いのか?それは個人個人の希望職種や条件によっても異なります。この辺りの見極め、比較していく事が結構面倒なんですよ。特に仕事で忙しく時間が無い時なんて尚更です。でも今回管理人自身のことともあって(すみません)他人事ではない転職活動、色々調べ、比較をしていこうと思っています。実際に調べたり、話を聞いてきた中で私が知りえたことを同じ転職活動中の方にも有効活用していただけたらと思って記録しておきます♪管理人自身も後で振り返ること出来ますしね(笑)とにかく!妥協せずに就職するためにも使えるものもは何でも使う精神で最後までやり切ります!

« Previous Entries